Spyro Gyra - A Foreign Affair (2011)2011/10/22

Spyro Gyra - A Foreign Affair (2011)
Jay Beckenstein (s), Tom Schuman (kb), Julio Fernandez (g),
Scott Ambush (b), Bonny B. (ds),
Guest : Keb 'Mo', Arijit Singh, Sandeep Chowta, Pedrito Martines, 
Tosin Aribisala.

スパイロ・ジャイラ。初期の傑作「Morning Dance」のブレイクも懐かしく、その前後しか覚えて無いが37年?も同じスタンスで活動し続けている大ベテラン・フュージョンバンド(近年ではスムース・ジャズと呼ぶ?)。長く聴く事も無くまだ現役バンドだったとは知らなかったが、メンツもジェイ・ベッケンスタインとトム・シューマンは結成当時から頑張っているのは嬉しい。爽やかなカリプソやエスニックなラテンのリズムが心地良く、初期の音に戻った印象(途中は知らないのだが)今時の癖の無いフュージョン・サウンドを聴かせてくれる。上記のケヴ・モのヴォーカル ほかゲストも幅広く、コンピレーションかと見紛うほど様々なスタイルが混在し退屈せずに楽しめる。何より演奏は文句無く上手い、今更の音だけどタマに聴くと新鮮に聴ける、一聴夏向きの音なのだけれど秋の夜長のBGMにも佳し。
米国の音楽界全般、ジャズにしてもロックにしても驚くほど長くバンドが存続出来るのは、支持するリスナーがいるからこそで、やはりマーケットの違いなのだろう 羨ましい話。
http://www.youtube.com/watch?v=-EC0sHGYW8M
http://www.youtube.com/watch?v=1W8k1jgeoHc
http://www.youtube.com/watch?v=b6_RDnFdyIk
ジャケットはカリブ海から南米へ、さらには南アフリカへ、だろうか。★★

コメント

_ iwa ― 2011/10/24 17:27

ネットのおかげで情報が入るようになると、息の長いバンドが多くて驚くね。
こないだTVでテキサスの紹介をみていると、ローカルバンドがたくさんあって、年配の人までがライブハウスで愉しむことが普通の日常としてあるんだね。
レイ・ボーンみたいなファッションの人がやたら多いのも地域性として面白いし。
日本では消え行く街のCD屋さんも、そんなローカルバンドのCDをプロモーションして売るというミュージシャンへのサポートもしっかりやっている。
欧米経験の長い友人に言わせると、大人が遊ばないから、若い子の流行廃りだけで終わってしまい文化になっていかないのだと言うのだけど、オーディエンスの問題は大きいのかもね。

_ komepapa ― 2011/10/24 17:50

ネット経由で世界中から日々配信される大量の音楽。全て試聴することも無いのだけれど、聴くべきモノ、聴いておきたいモノが多過ぎ食傷気味。
あの頃のロックやジャズが忘れられずにいる時代錯誤な私も、息の長いオーディエンスの一人?。時代に置いて行かれるのも悪くは無いと思ってます。
「消え行く街のCD屋さん」売れるモノだけ置く時代は終わった?本屋さんもまた然り。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私の好きな画家は誰?

コメント:

トラックバック