初秋の京都に癒される。2011/10/29

穏やかな秋晴れの昨日、初秋の京都へ行って来た。ここのところ街に出るのも億劫な私を妻が「武政健夫ガラス彫刻展」に誘ってくれたのだ。武政健夫(たけまさたけお)氏もガラス彫刻についても存じ上げなかったのだが、世界でも数少ない銅盤ガラス彫刻家として著名な、アメリカはNY在住の日本人作家とのこと。銅盤のみを使ったヨーロピアンでクラシカルなガラス彫刻は日本人ならではの繊細な技によるモノ、明日10月30日(日)まで、大丸ミュージアム京都(大丸京都店6階)で開催中、興味のある方はぜひ足を運ばれよ。
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/glass/

久しぶりに錦小路(錦市場や寺町界隈)をそぞろ歩き、少し寒いくらいならなお佳かったのだろうが、夕日に照らされ輝く八坂神社や京の町並みは優しい琥珀色、まぁ初秋の京都を満喫とまではいかないまでもイメージ通りの京らしい風情と賑わいに、出て来て良かったと妻に感謝。