Michael Schenker - Temple Of Rock (2011)2011/10/31

Michael Schenker - Temple Of Rock (2011)
マイケル・シェンカー。ソロ名義での新譜。先日書いたレスリー・ウエストがゲストでバトルしてるというから久々に聴く。いつの間にか明るくあっさり垢ぬけた印象、変わらずの早弾きは健在、カッコ良くフライングVを弾きまくっているのだが、、、こんなのだったっけ、何か「らしくない」と感じる。ヴォーカルのマイケル・ヴォスのせいもあるのだろうか、私は基本的に男性の高音ハスキーヴォイスが苦手である(サミー・ヘイガーしかり)。基本パーソネルのバッキングもなかなか好い、兄のルドルフ、レスリー・ウェスト、マイケル・アモット、ベースにクリス・グレン、ニール・マーレイ、あとドラムにサイモン・フィリップス、カーマイン・アピスといった凄い豪華ゲスト陣なのだが、、。先入観や勝手な思い込みで聴くのは止めとこうと決めているが、長くいろんなモノを聴いているとやっぱり絶頂期と比べてしまう意地悪なオヤジである。
http://www.youtube.com/watch?v=k6YDXtAotNE
http://www.youtube.com/watch?v=eajW9BavtxE
ジャケットはダサい、このセンスはいったい何(タイトルも恥ずかしい)。★

秋も深まって来たので汗をかく事も無い、暫くヘヴィなチョイスを続けようか、、