V.A. - Music For The Film; Sounds And Silence (2011)2012/02/01

Music For The Film; Sounds And Silence (2011)
音と沈黙-映画のための音楽。冬に合うジャズですぐ浮かぶのはECMジャズ。その ECM(Edition of Contemporary Music)レーベル設立者で名プロデューサー マンフレート・アイヒャー(Manfred Eicher)の日々を映したドキュメンタリー映画のサウンド・トラック盤。総帥アイヒャーの製作プロセスや信念、手法が美しい映像から垣間見える充実の内容。アーティストやスタッフの証言、製作風景やライブ映像を交えながら、ECMというレーベル、そしてアイヒャーという人間に迫った貴重な映像の数々(レビューより) 残念ながらまだ映画は見ていないが、キース・ジャレット、ヤン・ガルバレクなど、ECMを代表するアーティストたちによるサントラ盤を聴くだけでも美しい映像は容易に想像出来る。映画は音楽を製作するプロセスを映したものであるのに対し、本サントラはその音楽を完成されたフォームで収録とのこと。随分長く聴き続けているが昔も今も ECM流の「即興演奏」は音の風景として自由でブレることのない純粋な音楽、鼻につく小難しさも嫌いでは無い。退屈な「癒し」「ヒーリング」音楽と似て非なる音楽であり続けることは貴重である。「ECMの音楽は、北国の白樺の林を散歩しながら、吹き抜ける風の音を聴くのに似ている」と誰かが書いていたが巧い表現だ。
http://www.youtube.com/watch?v=KzTgOL9y6vo
http://www.youtube.com/watch?v=Ho-p1Nxgqlo
http://www.youtube.com/watch?v=qeHYOzKFgSg
ジャケットも純ECM、何でもない写真なのだがECMだ。★★★

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私の好きな画家は誰?

コメント:

トラックバック