Doulce Mémoire - Antoine de Févin; Requiem d'Anne de Bretagne (2010)2012/02/03

Doulce Mémoire - Requiem d'Anne de Bretagne (2010)
ドゥルス·メモワール。アントワーヌ·ド·フェバン(フランス初期ルネサンスの作曲家1470〜1512年?)作、ブルターニュのアンのレクイエム。フランスのルネサンス音楽演奏集団 ドゥルス·メモワールがすすめている王様シリーズの新譜。本作は「ブルターニュ公爵の娘ルイ12世妃アンヌの葬儀で演奏された」という想定で、フェヴァンのレクイエムをメインにした宗教音楽集。アンヌ女公は2人のフランス国王と結婚し、権力闘争の荒波にもまれる悲しい生涯を送ったそうで(まるで某歌劇団のお話にありそうな)、、仏語なので詳しい事もあちらの歴史も判らない。レクイエムと聞けば何だか辛気くさい音楽が浮かぶかもしれないが然にあらず、古い中世のポリフォニーの伝統 男性ヴォーカルのハーモニーがとても素敵で優しくて居心地が良く、荘厳ながらもとても聴きやすい声楽アルバム。素人の私が聴いてもドゥルス·メモワールの演奏は神々しいほどに素晴らしいの一言、圧倒的な完成度の高さに思わずため息が漏れる。馴染みのロックやジャズも好いけれど、ネット経由でこんな素晴らしい音楽に出会えたことに感謝。
http://www.youtube.com/watch?v=f-Hif4mgu_k
http://www.youtube.com/watch?v=tbbLNtGfGeY
ジャケットは格調高く、らしいアートワーク、荘厳。★★