Keico Yoshida - Depois da Banda Passar (2009)2012/02/07

Keico Yoshida - Depois da Banda Passar (2009)
吉田慶子 (vo), 笹子重治 (g),
岡部洋一 (perc), ヤマカミヒトミ (fl), イーズカヒトシ (chorus).

吉田 慶子/よしだけいこ。パレードのあとで 〜ナラ·レオンを歌う。吉田慶子さんは東京出身 福島在住の最注目ボサノヴァ·シンガー。リリースは少し前だがよく聴いているアルバム、本作は「ボサノヴァのミューズ」ナラ·レオンを歌ったオマージュ作品、ナラの名曲がたっぷり今風な洒落た音で聴けるアルバム。彼女のレパートリーはボサノヴァだけでなく古いサンバ·カンソン(「歌謡風サンバ」のこと、これが好いのだ!)にまで及び、「ブラジル音楽の財産を慈しむ姿勢がそのままサウンドに表われている稀有な存在のアーティスト」(レヴューより)小さくて繊細でささやくような歌声だけれど凛とした存在感で、本場モノと少々趣の異なる現代のボサノヴァを体現している様に感じる。軽快なリズムのボサノヴァは夏のイメージが強いかもしれないが、静やかなサンバ·カンソンは秋や冬に合うのかもしれない。中でも「Samba e amor」はたまらん!ショーロクラブの笹子重治さんの寄り添うような巧いギターも聴き処。私的には同じ囁き系でもアストラッド·ジルベルト風味の売れっ子 LO さんよりも好きかなぁ、是非お聴きあれ!
http://www.youtube.com/watch?v=cO6LeYHZxIE
http://www.youtube.com/watch?v=9uaGcmqrduw
http://www.youtube.com/watch?v=4QhOqxv5gd0
ジャケットもナラ·レオン風味、かな? ★★★