Bettina Korall – Maysa Por Betina Korall (2009)2012/02/22

Bettina Korall – Maysa Por Betina Korall (2009)
ベッティナ・コーラル。同じくサンパウロのカントーラ(女性歌手の意)による、先日紹介したマイーザのカヴァー集。初期マイーザのオリジナルからジョニー·アルフの「Eu e a Brisa」、オスカー·カストロ·ネベスの 「Eu Sei Que Vou Te Amar」、 トムとヴィニシウスの「Morrer de Amor」、ドロレス·デュラン「A Noite do Meu Bem」、、 そしてミシェル·ルグランの名曲「What Are You Doing the Rest of Your Life」をセレクト。ベッティナ・コーラルの詳しい事は知らないが本作だけでも歌の上手さは聴き取れ、マイーザ往年の「夜のカンソン」然とした歌いっぷりは見事にマイーザの世界観を再現している。微妙にシャンソン寄りな解釈と歌唱も好ましい。昨日書いた様にオリジナルは録音も演奏も古すぎ、マイーザの場合は更に重く深いので聴く側のコンデションも影響し覚悟して聴かねばならない、ので彼女の生涯に思いを馳せること無く楽曲の良さを楽しむのに最適。ディレクション、アレンジ、ピアノ伴奏はマリーニョ・ボッファ(一時期ブラジリアン・フュージョンの アジムスに参加していた)のピアノもジャジーにしっとりと聴かせる、歌伴はこうあるべき。
http://www.youtube.com/watch?v=QDApySLx95w
オリジナルのマイーザ「Meu mundo caiu」と聴き比べるのも一興。
http://www.youtube.com/watch?v=eV4FIaJtHAY
ジャケットの印象的なアートワークも、まさにマイーザそのもの。★★

もう1枚お気に入りのマイーザのカヴァー集に マダレンナ/Madalenna の2ndがある、これも秀作、ユーチューブにも数曲上がっておりよりポピュラーなのかも知れない。