Nara Leão - Dez Anos Depois (1971)2012/02/25

Nara Leão - Dez Anos Depois (1971)
ナラ·レオン。原題「10年後」(邦題「美しきボサノヴァのミューズ」)ボサノヴァから遠ざかっていたナラが亡命先のパリで女性ギタリストのトゥッカを伴い録音したボサノヴァ集。「ジサフィナード」「メディテーション」「ヂマイス」「ワン·ノート·サンバ」「白と黒のポートレイト」「コルコヴァード」「イパネマの娘」「想いあふれて」などなどジョビン、カルロス·リラのナンバーを中心に収録。その昔深くボサノヴァを好きになった元はゲッツとジルベルトの「イパネマの娘」じゃなくコレだと思う、昔からミーハーだけど天の邪鬼な私は、癖の無いアストラッドよりもナラに惹かれた。全編 陰影に富んだ深みのある歌唱はもの静かで落着いた印象だが決して陰鬱な重さは無い、ナラの美しい歌声でつづられる優しく上品なメロディーはいま聴いても瑞々しさを失わず心に深く染みる。1964年1stリリース、その頃から反政府的なプロテスト·ソングを歌うようになり当時の軍事政権からの圧力でフランスに亡命(僅か40余年前の信じがたい話)。遠く離れた故郷と音楽仲間に囲まれていた懐かしい少女時代に思いをはせる、郷愁と哀愁それこそがサウダージ、言い尽くせない切なさとノスタルジーが漂っているよう。71年パリ録音、当時流行りのフレンチポップス然としたナラのかわいい?面も聴き逃せない。今日は冷たい雨の1日、ジャケ写真も示す通り冬に似合うボサノヴァである。
http://www.youtube.com/watch?v=uZ-UJckeZMo
http://www.youtube.com/watch?v=4_WAtq0DV8U
http://www.youtube.com/watch?v=5hkpQFKvJ9E
ジャケットはパリの街角で雪にたたずむナラ、モノクロームが佳い。★★★

「迷惑メールの対策はどうしている?」と知人からよく尋ねられる。
私は随分以前から加入しているプロバイダーの自動ブロックサービスと、受信の許可·拒否を個別に指定出来る機能の2重のフィルターを施している為、メーラーの受信ボックスに入る事はまず無い。タマに迷惑メール用のボックスを覗くと大量のスパムメールが在りセキュリティ機能の優秀さに感心する、と共に送り手の繰り出すあの手この手の仕掛けも虚しく感じられ何だか気の毒な様な気もする。
このブログのコメント欄では他に有効な手段が無くお手数をおかけしているがお許しあれ。