Halie Loren - They Oughta Write a Song (2008)2012/02/28

Halie Loren - They Oughta Write a Song (2008)
Halie Loren (vo), Matt Treder (p),
Mark Schneider (b), Brian West (ds), Tim McLaughlan (tp).

ヘイリー・ロレン。2月も末 まだまだ寒いこの季節に聴きたいアルバムと言えば、アラスカ出身オレゴンを拠点とするジャズシンガーの2nd。2年ほど前から注目している方で最近のライヴもよいのだがまずはコレ。いつもながら私の選ぶ女性ジャズヴォーカルはスモーキーな歌声で純ジャズではなく程よくポップスの要素の入ったモノ、当然美人。「Autumn Leaves」「As Time Goes By」「キサス・キサス・キサス」等スタンダードや、「青い影」「Dock of the Bay」「Sunny Afternoon(キンクスとは珍しい)」等ポップス、ロック系カヴァーと彼女のオリジナルが半々、この自作曲も全く遜色ないほどに秀逸。基本はピアノトリオ、マット・トレダーの粋なピアノも文句無し、ドラムのブラシも聴きどころ、トランペットもいい感じに入る。気怠い感じのブルージィでムーディーな曲は格別、若いのに表現も見事に それでいてしっとり丁寧に歌い上げているところが好い。もう8作?リリースされているがハズレだったりアタリだったり、それも含め全てが彼女の魅力。本作翌年 Many Times, Many WaysとStages (2009)、After Dark (2010)と立て続けにリリース、最新作 Heart First (2012)も出たばかり、早く聴かなければ。
http://www.youtube.com/watch?v=duxBy_zFW3k
http://www.youtube.com/watch?v=X7lWkNs8se4
輸入盤、日本盤で違うが共に印象的美人ジャケット(これは輸入盤)。★★★