Luba Mason – Krazy Love (2009)2012/03/01

Luba Mason – Krazy Love (2009)
ルバ·メイソン。スロバキア出身のシンガーの1st、ブロードウェイで活躍する女優でもあり、パナマの音楽家でラテンのスーパースター ルーベン·ブレードの細君である。スロバキアとパナマとブラジルだと何か妙な音楽?と感じるだろうが、これがなかなかステキな味わいのサウダージ作品に仕上がっている。ラテンやジャズのリズムと彼女の古典的な声とのブレンドは、文字通りに現代のクロスオーバー、ジャズ·ヴォーカル·ブラジル風。作品の中心はジョビン、イヴァン·リンスのボサノヴァなどのブラジリアン·ポップスや、ラテン·アメリカのリズムをベースにしたMPB、そのサウンドは軽やかで最高にお洒落。夫ルーベンとの睦まじいデュエットはペドロ·カエターノ作「E Com Esse Que Eu You」は粋なピアノあり たゆたうようなボッサのリズムありの今時のキャッチーな仕上がり。ラテンのリズムをミックスしたポップなオリジナルや、シコ·ブアルキの「Olhos Nos Olhos」には、まどろむような気怠い春眠誘う調べあり、全編彼女の魅惑的な歌唱はブラジル音楽の官能的な世界をも表現。バッキングは昨日の作品でも登場の売れっ子サンドロ・アルベルトとジミー・ハスリップ他、あのヒューバート·ロウズも客演、70年代CTIの伝説のフルートも蘇る。まぁ春よりも夏に似合うのかもしれないが、どこか感傷的で良質なジャズ·ヴォーカル作品である。
http://www.youtube.com/watch?v=R7kAU_cWeXM
http://www.youtube.com/watch?v=PRAGMofLgY4
ジャケットはフレンチの薫り?ソファーの猫の表情が印象的。★★

Gillian Welch – The Harrow & The Harvest (2011)2012/03/02

Gillian Welch – The Harrow & The Harvest (2011)
ギリアン·ウェルチ。昨年リリースされた彼女の8年ぶりの新作、ソロ名義だが実質的にはデヴィッド·ローリングスとのデュオ作品。冷たい雨の日はブラジル物はお休みしてこんなのが好い。ブルーグラス系フォークで?カントリー·テイストの古典的なスタイル、土臭くてシンプルなナチュラルさがギリアン·ウェルチの持ち味。彼女のことは以前話題になったこともあるので知っていたが、昨年のノラ·ジョーンズ作品「自由時間」の客演で再評価。一聴、穏やかで落ち着いた印象、なのに静かに心に深く入ってくるヴォーカルは、昨今の派手な熱唱がシンドイ私には新鮮で好ましい。彼女のギター弾き語りと、デヴィッドのハーモニーにも鳥肌で、ギター又はバンジョーというシンプル極まりない演奏がいたって新鮮、こんなにも不可思議な音空間を創りだせるこの2人は只者では無い。楽曲も粒揃いで全編淡々と地味に演ってるだけなのだけど、何度も繰り返し聴きたくなり(アコギの絡み合いなんかは聴かなきゃ分からない)、行った事も無いのに米国の田舎の風景が懐かしく浮かぶよう。若い頃はカントリーを含め米国のフォークは苦手だったのだが、近年歳のせいかアコースティックものが好ましく聴ける、何だか切ないのが佳い。
http://www.youtube.com/watch?v=9NPEj63d0jY
http://www.youtube.com/watch?v=ZzFRdMEZERg
検索しているとYouTubeにオジサン世代にはグッとくるクリップがあった、本作のジャケットは活版で作られているその拘りの様子。
http://www.youtube.com/watch?v=k_Mz_imdISk
ジャケットも見事だがCDサイズだからなぁ、逆にだからイイのかも。★★★

やっぱり雛人形。2012/03/03

我家の雛人形。今年はいつになく判りやすい三寒四温、寒くとも少しずつ春は近づいている。今日は桃の節句、2人の娘がいるので毎年この季節には親王飾りと桃の花を飾る。女の子の健やかな成長を願ってのお祝い、もうすっかり大人だし今では「花よりだんご」で必然では無い様子だがあると何だか嬉しそうだし、恒例なので出さないと春が来ないように思う。意外と場所もとるし年に1度の面倒な出し入れはメンテナンスも含め私の役目。我が家族は皆こういった四季折々の行事や、家族のささやかな記念日を大切にしているのが自慢である。今夜の献立は妻が腕を振るったちらし寿司と娘が用意したかわいい雛ケーキ。こんな何でも無いことが、いつまでも続くことを願いたい。
http://www.youtube.com/watch?v=3gEvk3VOIZY
http://www.youtube.com/watch?v=6tBJa8Ew6fQ
http://www.youtube.com/watch?v=QY_L_rafEs0

Van Halen - A Different Kind Of Truth (2012)2012/03/05

Van Halen - A Different Kind Of Truth (2012)
ヴァン·ヘイレン。今年結成40周年を迎える人気実力共米国ハード·ロックの代表格、大御所ヴァン·ヘイレンの14年ぶりの新作(通算12作目)。諦めていたが嬉しいことに初代ヴォーカリストのデイヴィッド·リー·ロスが28年ぶりに帰ってきた。どうにもサミー·ヘイガーが苦手で以降のハード路線から外れたメロディアス期も、らしくないし好きじゃない。久しぶりの彼等の音はやっぱりこれだよなぁ、馬鹿みたいに陽気でストレートなハードロック、エディがエネルギッシュにギターを弾きまくり、デイヴはブランクを帳消しにするほど見事な歌いっぷり、身内で固めたリズム隊も変わらずハイテンション、この複雑な事をしない(上手いから成立する)絶妙なバランスの壮快感がアメリカン·ハードロックの王道。今の時代感はさておき、作品としてのクオリティにも大満足、私は熱心なファンでは無いので彼等の一部しか語れないが、絶頂期のパワーこそ無いが、理屈抜きにロック本来の格好良さの溢れた痛快なアルバムだと思う。エディの華やかなルックスは失われメタボぎみ、デイヴは、、しょうがないよなぁでも以前よりマシ、アレックスは随分老けた、ただヴォルフガングのルックスは期待ハズレ。歳を重ねていくことであまり良い事は思いつかないが、円熟味を増し大人な渋さが加わった彼等のロックはオヤジにも聴きやすい。
http://www.youtube.com/watch?v=3WfQ-hV3WtA
http://www.youtube.com/watch?v=hrDch-SZ5lI
http://www.youtube.com/watch?v=t4df49v43Ss
ジャケットはNYセントラル鉄道の20世紀特急、ハドソン型4-6-4。★★★

The Little Willies – For The Good Times (2012)2012/03/06

The Little Willies – For The Good Times (2012)
リトル·ウィリーズ。ノラ·ジョーンズがピアノとヴォーカルを務めるバンド名義の2作目。ぼんやりしてたら近々新作がリリースされるそうなので慌てて書いている。元々彼女の歌って「カントリー風ジャズ」又は「ジャジィなカントリー」だと感じていたのでなるほどな作品。前作は気分転換にバンド組んでみました的な印象、本作では feat. Norah Jones は取れたが完全にノラ·バンドの趣き。カントリー(C&W)は詳しくないのでメンバーがどういう方々なのか、収録曲もジョニー·キャッシュやクリス·クリストファーソン他の名曲カヴァーとのことだが耳馴染みでは無い。だからとても新鮮に聴く事ができ、他のメンバーがヴォーカルをとる曲もあればインスト曲もあるので飽きずに楽しめる。唯一知っているのはドリー·パートンのヒットと、オリビア·ニュートンジョンのカヴァーで知られる「ジョリーン」くらい。前述の2人の各バージョンは恨み節的な内容の割に明るく力強くてイマイチ共感できなかったが(苦手だが大ヒットしたので否応なく知っている)、ノラ版は弱い女性の立ち位置で切々と哀しく訴えるのがなんとも好い(日本人の感覚ならこちらだろう)。まぁジャズやポップス何をどう歌っても全部ノラ節になるが、それでも彼女の声は魅力的でどんな音楽もスンナリ入ってくる「C&W入門」には最適かもしれない(私的にも純C&Wじゃ無いのが好い)。
http://www.youtube.com/watch?v=vdnUswhEjR8
http://www.youtube.com/watch?v=M3d8KobWVwk
タイトルそのままをイメージしたジャケット?バンド名も視線も意味深。★★★