Luba Mason – Krazy Love (2009)2012/03/01

Luba Mason – Krazy Love (2009)
ルバ·メイソン。スロバキア出身のシンガーの1st、ブロードウェイで活躍する女優でもあり、パナマの音楽家でラテンのスーパースター ルーベン·ブレードの細君である。スロバキアとパナマとブラジルだと何か妙な音楽?と感じるだろうが、これがなかなかステキな味わいのサウダージ作品に仕上がっている。ラテンやジャズのリズムと彼女の古典的な声とのブレンドは、文字通りに現代のクロスオーバー、ジャズ·ヴォーカル·ブラジル風。作品の中心はジョビン、イヴァン·リンスのボサノヴァなどのブラジリアン·ポップスや、ラテン·アメリカのリズムをベースにしたMPB、そのサウンドは軽やかで最高にお洒落。夫ルーベンとの睦まじいデュエットはペドロ·カエターノ作「E Com Esse Que Eu You」は粋なピアノあり たゆたうようなボッサのリズムありの今時のキャッチーな仕上がり。ラテンのリズムをミックスしたポップなオリジナルや、シコ·ブアルキの「Olhos Nos Olhos」には、まどろむような気怠い春眠誘う調べあり、全編彼女の魅惑的な歌唱はブラジル音楽の官能的な世界をも表現。バッキングは昨日の作品でも登場の売れっ子サンドロ・アルベルトとジミー・ハスリップ他、あのヒューバート·ロウズも客演、70年代CTIの伝説のフルートも蘇る。まぁ春よりも夏に似合うのかもしれないが、どこか感傷的で良質なジャズ·ヴォーカル作品である。
http://www.youtube.com/watch?v=R7kAU_cWeXM
http://www.youtube.com/watch?v=PRAGMofLgY4
ジャケットはフレンチの薫り?ソファーの猫の表情が印象的。★★