Luba Mason – Krazy Love (2009)2012/03/01

Luba Mason – Krazy Love (2009)
ルバ·メイソン。スロバキア出身のシンガーの1st、ブロードウェイで活躍する女優でもあり、パナマの音楽家でラテンのスーパースター ルーベン·ブレードの細君である。スロバキアとパナマとブラジルだと何か妙な音楽?と感じるだろうが、これがなかなかステキな味わいのサウダージ作品に仕上がっている。ラテンやジャズのリズムと彼女の古典的な声とのブレンドは、文字通りに現代のクロスオーバー、ジャズ·ヴォーカル·ブラジル風。作品の中心はジョビン、イヴァン·リンスのボサノヴァなどのブラジリアン·ポップスや、ラテン·アメリカのリズムをベースにしたMPB、そのサウンドは軽やかで最高にお洒落。夫ルーベンとの睦まじいデュエットはペドロ·カエターノ作「E Com Esse Que Eu You」は粋なピアノあり たゆたうようなボッサのリズムありの今時のキャッチーな仕上がり。ラテンのリズムをミックスしたポップなオリジナルや、シコ·ブアルキの「Olhos Nos Olhos」には、まどろむような気怠い春眠誘う調べあり、全編彼女の魅惑的な歌唱はブラジル音楽の官能的な世界をも表現。バッキングは昨日の作品でも登場の売れっ子サンドロ・アルベルトとジミー・ハスリップ他、あのヒューバート·ロウズも客演、70年代CTIの伝説のフルートも蘇る。まぁ春よりも夏に似合うのかもしれないが、どこか感傷的で良質なジャズ·ヴォーカル作品である。
http://www.youtube.com/watch?v=R7kAU_cWeXM
http://www.youtube.com/watch?v=PRAGMofLgY4
ジャケットはフレンチの薫り?ソファーの猫の表情が印象的。★★

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私の好きな画家は誰?

コメント:

トラックバック