The Little Willies – For The Good Times (2012)2012/03/06

The Little Willies – For The Good Times (2012)
リトル·ウィリーズ。ノラ·ジョーンズがピアノとヴォーカルを務めるバンド名義の2作目。ぼんやりしてたら近々新作がリリースされるそうなので慌てて書いている。元々彼女の歌って「カントリー風ジャズ」又は「ジャジィなカントリー」だと感じていたのでなるほどな作品。前作は気分転換にバンド組んでみました的な印象、本作では feat. Norah Jones は取れたが完全にノラ·バンドの趣き。カントリー(C&W)は詳しくないのでメンバーがどういう方々なのか、収録曲もジョニー·キャッシュやクリス·クリストファーソン他の名曲カヴァーとのことだが耳馴染みでは無い。だからとても新鮮に聴く事ができ、他のメンバーがヴォーカルをとる曲もあればインスト曲もあるので飽きずに楽しめる。唯一知っているのはドリー·パートンのヒットと、オリビア·ニュートンジョンのカヴァーで知られる「ジョリーン」くらい。前述の2人の各バージョンは恨み節的な内容の割に明るく力強くてイマイチ共感できなかったが(苦手だが大ヒットしたので否応なく知っている)、ノラ版は弱い女性の立ち位置で切々と哀しく訴えるのがなんとも好い(日本人の感覚ならこちらだろう)。まぁジャズやポップス何をどう歌っても全部ノラ節になるが、それでも彼女の声は魅力的でどんな音楽もスンナリ入ってくる「C&W入門」には最適かもしれない(私的にも純C&Wじゃ無いのが好い)。
http://www.youtube.com/watch?v=vdnUswhEjR8
http://www.youtube.com/watch?v=M3d8KobWVwk
タイトルそのままをイメージしたジャケット?バンド名も視線も意味深。★★★

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私の好きな画家は誰?

コメント:

トラックバック