Paul McCartney - Kisses On The Bottom (2012)2012/03/07

Paul McCartney - Kisses On The Bottom (2012)
ポール·マッカートニー。70歳を目前にして氏 お気に入りの古き良きアメリカン·スタンダードをカヴァー、新曲も2曲収録の話題作である。この方がジャズ·テイストのスタンダード集を出したのは予想外、ロックの大御所たちは枯れてくるとロッドもリンダもボズもクラプトンも挙ってジャズヴォーカル集をリリースするのは不可解、私に限っては氏の歌う「ペイパー·ムーン」など聴きたくはないし正直つまらない、聴きこむことでこの印象が変化するとは思えない。とは言え本作はトミー·リピューマがプロデュース、アレンジとピアノはダイアナ·クラール、更にダイアナ·バンドが全面バックアップ。ポールは2曲でアコギを弾いている以外は珍しくヴォーカルに専念、お決まりのクラプトンとスティーヴィー·ワンダーが客演、ジョン·ピザレリのギターも洒落てるし、録音も良い、ノスタルジックな雰囲気満載、、書くべき事は多くあるのだが、肝心のポール氏の唄が・・・。私は解散以降が少々苦手でウイングス、ソロ名義含めて3〜4枚しか持ってない(ジョンもジョージもほぼ全作所有する)。どこが苦手か? 当たり障りの無い世渡り上手な処、音楽的にもマーケティング的にもガチガチに計算しつくされ隙がなさそうな処、稀代の天才然としたスタンスが鼻につくのである。もちろんソング·ライティングは上手いし、アルバムは秀作揃いと高く評価しているが、耳当たりは良いのだが何度も何年も経って聴きたいアルバムは少ない。イヤならヨセ だが期待しているからこそ辛口になるのである。そういえばリンゴ·スターの新作もあるがどうしようかな。
http://www.youtube.com/watch?v=cW6RH2bOwd8
http://www.youtube.com/watch?v=a4kMsMCKWGw
http://www.youtube.com/watch?v=o0uenXieYFo
ジャケットもマッカートニー氏らしくお洒落で豪華ということで。★★