Joss Stone - LP1 (2011)2012/03/08

Joss Stone - LP1 (2011)
ジョス·ストーン。若干17歳でデビューした早熟の英国ソウルシンガーの通算5作目、くだらぬジャンル分けは不要だが これまでのような中途半端なソウル作品ではなく私には好ましいロック色豊かな作品。過去にM ジャガー、J ペック、サンタナなどとのコラボでロックサイドでも活躍中だし昨年の「Superheavy」でも輝いていたので今更のチョイス。同様に苦手なD スチュワートがプロデュース 故の一聴「ユーリズミックスの現代風」は想定通りで許容範囲だが、やはり今風の音が気になる、音がシャープ過ぎ浅く感じ物足りない、が、クッキリと浮かび上がるクリアな歌声は意外に新鮮に伝わるのは面白い。僅か6日間のレコーディングだったらしいが、アナクロなオヤジは「だから、なるほど」と理解してしまう、多くの時間=良い作品とはならないだろうが、昔の様な贅沢で余裕の制作環境は難しいのだろうなぁ。ともかく過去作と比べ素直に肩の力が抜けたベテラン然とした歌いっぷりも好ましく、構成もアコースティックで爽やかなモノからファンクにソウルにバラードと表現の多様さも見事に、楽曲も秀作揃いで全編通して飽きずに聴ける。故ジャニスと比べることに意味は無いが、ドスの利いたハスキーな歌声も、熱く艶のあるシャウトも本当に格好良い。
http://www.youtube.com/watch?v=cmXQw82BoFs
http://www.youtube.com/watch?v=BL2Go6pFlAw
http://www.youtube.com/watch?v=5gpA5UFQChc
ジャケットは前4作とは違った趣、鼻リングと唇の写真は?。★★