The Rolling Stones - Between the Buttons *UK (1967)2012/03/14

The Rolling Stones - Between the Buttons (1967)
ローリング·ストーンズ。9作目「ビトウィーン·ザ·バトンズ」やはり昨日書いた理由からこの頃のキラキラ輝く不思議な雰囲気のストーンズの音も好きだ。彼等の作品の中ではイマイチ評価の低いこのアルバム、R&BやR&Rのコピーだけじゃもたないし、、スィンギング·ロンドン真っ只中、リボルバー、ペット·サウンズ、ブロンド·オン·ブロンド、、に追随すべく、ミーハーな(流行に敏感とも)ディラン風やモッズ風な怪しげな曲もあったり、ソフト·ロックな浮遊感もたまらなく、時代の空気を反映したサイケデリック感の中に音楽的試行錯誤が見え隠れする秀作だと思う。何よりブライアン·ジョーンズが要で、スライドやハープの名手でブルーズ·サイドの核に見られがちだが、本作ではバッキング·ヴォーカル、エレギ、アコギにシタール、縦笛、ピアノ、ビブラフォン、トランペット、トロンボーン、バンジョー、カズーといった様々な楽器で大活躍。ルーズで無骨なブルーズ·サイドだけではない、これこそがもう一つの魅力(ブライアンの意思とは逆に)時代の求めた多様性、ポップなロック·スターたる音だと思う。アンドリュー·オールダム最後のプロデュース作品であり、UK盤は意外と統一感のとれた作品。私は若くから自身の成長と共に聴いているからか過渡期的なサウンドが大好きだ、昨日の流れだと「アフターマス」か「デッセンバーズ·チルドレン」を選ぶべきだがコチラを先に。
http://www.youtube.com/watch?v=bkm1efUhGJ4
http://www.youtube.com/watch?v=xKNSm8_CTOY
http://www.youtube.com/watch?v=a7Tk72BNOKc
ジャケット写真はジェレッド·マンコーウィッツ、絵になる。★★★★

今日はホワイト·デーらしい、娘も期待はしていないようだし、、すまない思いでいっぱい。