Emerson, Lake & Palmer - Pictures at an Exhibition (1971)2012/03/15

Emerson, Lake & Palmer - Pictures at an Exhibition (1971)
エマーソン, レイク&パーマー。キーボードとベースとドラムの名プログレトリオ、ムソルグスキー作「展覧会の絵」。誰もが音楽の授業でコレくらいは聴き知っていたが、ロックとクラッシックの融合は当時の流行?(パープルのロイヤルフィルしかり)。本作は音をいじくりまわすプログレ系にしては画期的なコンサートホールでのライヴほぼ一発録音、何より独特の間合いやライヴならではの張り詰めた緊張感が否応無しに伝わってくるよう、記事を書くにあたり改めて試したが、3人共に尋常では無い高度な演奏技術に惹き込まれる。キース·エマーソンと聞けば お決まりの楽器破壊のパフォーマンスだけじゃなく、名(迷)アレンジと自由奔放な演奏は本当に凄い、それに呼応するカール·パーマーのアグレッシヴなプレイも最高。リリシズム溢れるグレック·レイクの歌が好きで「賢人/The Sage」や「キエフの大門」もたまらなく、最後まで飽きさせない。当時はアンコール曲、チャイコフスキーの「くるみ割り人形 / ナットロッカー」が人気だったが私は本編が好き。あの時代だから生まれた作品、彼等の様なアプローチが量産された今、若い方が聴けばどうだろうか?とは思う。
http://www.youtube.com/watch?v=MmNWopDgTRE
http://www.youtube.com/watch?v=to_8kZCQalQ
http://www.youtube.com/watch?v=Izi_Q-ihH3E
当時はロックらしからぬジャケットに困惑したが、デザイン的にも名作。★★★★

JUNのCMに憧れた中学の頃の話。
前述のグレック歌う「The Sage」がファッションブランド、ジュン/Jun & Rope のCMに使われていた、ヨーロッパの古城を男女がゆっくり歩いている綺麗で神秘的な映像、コンセプトは「Classical Elegance」今聞いても素敵な言葉だ。アダモのナレーションで「ロペはキレイ、ジュンはニクイ!」とのCM見たさに深夜まで米国製TVドラマを観ていた。R&Bやソウルを知るきっかけもJUNがスポンサーの「ソウルトレイン」だったし、いつも始まりは変である。私はダンスよりもCMが待ち遠しくて、ダンデイな男性がシャツを開けるとバストが現れて初めて女性でだと気付く、このCMはリチャード·アベドン御大、夢がいっぱいの佳い時代だったなぁ、もちろん中学生のくせにJUNを着ていた(シャツだけネ)。