Miles Davis - Ascenseur Pour L'Echafaud; Soundtrack (1957)2012/03/16

Miles Davis - Ascenseur Pour L'Echafaud; Soundtrack (1957)
Miles Davis (tp), Barney Wilen (ts),
Rene Urtreger (p), Pierre Michelot (b), Kenny Clarke (ds).

マイルス·デイビス&バルネ·ウイラン 他。ルイ·マル監督の1958年制作のフランス映画、邦題「死刑台のエレベーター」のサウンドトラック盤。撮影当時は若干25歳、監督デビュー作品であり代表作でもあるサスペンス映画。本作は若き日のマイルス御大が初めて手掛けた映画音楽、テナー·サックス奏者のバルネ·ウィランをはじめパリのジャズメンを迎え(バルネ率いるオクテットから選んで)クインテットを再編成。パリのスタジオで真夜中にラッシュ·プリントを見ながらアドリブを加えたという伝説的な録音、まさに音楽のヌーヴェルヴァーグ。全くの即興とは思えないような全10曲の素晴らしいモダン·ジャズ、演奏レベルの高さはマイルスの存在をとてつもなく大きく感じさせる。白黒の画面が美しい夜のパリの街を映し出し、不安と焦燥感を煽りたてるようなマイルスのトランペットがたまらない。モーリス·ロネもジャンヌ·モローも最高に素敵でファッションにも憧れた。私がジャズに目覚めたのはフランス映画であり、吐く息が白くなるほど冷たい部屋で静かに良く聴いた、ロックには無い大人な格好良さに、クールさに魅了された。ヌーヴェル·ヴァーグやフィルム·ノワールが流行で映画もむさぼる様に観た時代、ゴダールは田舎の少年には難解だったがルイ·マル、トリュフォー、ルネ·クレマンは大好きだった(ロジェ·ヴァディムを好きだと言うには幼かった)。
http://www.youtube.com/watch?v=saG7EELIfMM
http://www.youtube.com/watch?v=xDeZnWEUA_k
ジャケットはジャンヌ·モロー、この絵だけでイメージは膨らむ。★★★