Frogwings - Croakin' at Toad's (2000)2012/03/27

Frogwings  - Croakin' at Toad's (2000)
フロッグウイングス。今日の1枚は随分前にリリースされたマニアック作品、暖かくなってくるとこんなのが聴きたい。以前デレク·トラックスのことを調べていたら偶然見つけたのだが、とにかくジミー·ヘリングとデレク君のツインギターがたまらないライヴ作品、プロデュースは Allmann B.B のブッチ·トラックス。どのジャンルにもあてはまらない(ジャンルはどうでもイイが)サザン·ロック+ブルーズ+ジャズ+ファンクといった音で、全編もの凄くテンションの高い「ライヴ」が繰り広げられている。ABBをジャズ·ファンクにした感じ=デレク·トラックス·バンドに近いかも。デレク君はジミー·ヘリングをお手本にしていたという話もあるくらい、全編弾きまくりの師弟2人のバトルは特筆すべきモノ。ブッチ叔父さんのドラムはもとより、ベースのオティル·バーブリッジ、パーカッションのマーク·クィノネス、他のメンツもベテラン揃い、ジョン·ホッパーの(知らなかったが)ハープのソロがまた凄い。ま、ジミー·ヘリングは知る人ぞ知る凄腕のテクニカルなギタリストなんだけれど、滑らかな音色も心地良く、聴いていて「私凄い事やってます」的じゃ無いのが私好み、以降ハマりブート盤を漁る、ウォーレン·ヘインズさんも客演してたり当然アタリ。ABBやDTBに限らずサザンロックの方々はやたらとブート盤が多いので苦労する。
http://www.youtube.com/watch?v=NiYn3R9ezsI
http://www.youtube.com/watch?v=0lDXvmZmh2c
http://www.youtube.com/watch?v=oaptE1-zVYM
ジャケットはロゴもイラストも雑、だからマニアック。★★

今日27日は次女の誕生日である、何にも束縛される事無く毎日を悠然と楽しく過ごしている、親としては今の時代だからこその心配もあり、将来の計画もしっかり、と、思うのだが誰に似たのか我関せずである。とはいえ今日は成長を祝いたい。