Spyro Gyra - A Foreign Affair (2011)2011/10/22

Spyro Gyra - A Foreign Affair (2011)
Jay Beckenstein (s), Tom Schuman (kb), Julio Fernandez (g),
Scott Ambush (b), Bonny B. (ds),
Guest : Keb 'Mo', Arijit Singh, Sandeep Chowta, Pedrito Martines, 
Tosin Aribisala.

スパイロ・ジャイラ。初期の傑作「Morning Dance」のブレイクも懐かしく、その前後しか覚えて無いが37年?も同じスタンスで活動し続けている大ベテラン・フュージョンバンド(近年ではスムース・ジャズと呼ぶ?)。長く聴く事も無くまだ現役バンドだったとは知らなかったが、メンツもジェイ・ベッケンスタインとトム・シューマンは結成当時から頑張っているのは嬉しい。爽やかなカリプソやエスニックなラテンのリズムが心地良く、初期の音に戻った印象(途中は知らないのだが)今時の癖の無いフュージョン・サウンドを聴かせてくれる。上記のケヴ・モのヴォーカル ほかゲストも幅広く、コンピレーションかと見紛うほど様々なスタイルが混在し退屈せずに楽しめる。何より演奏は文句無く上手い、今更の音だけどタマに聴くと新鮮に聴ける、一聴夏向きの音なのだけれど秋の夜長のBGMにも佳し。
米国の音楽界全般、ジャズにしてもロックにしても驚くほど長くバンドが存続出来るのは、支持するリスナーがいるからこそで、やはりマーケットの違いなのだろう 羨ましい話。
http://www.youtube.com/watch?v=-EC0sHGYW8M
http://www.youtube.com/watch?v=1W8k1jgeoHc
http://www.youtube.com/watch?v=b6_RDnFdyIk
ジャケットはカリブ海から南米へ、さらには南アフリカへ、だろうか。★★

Jack Jezzro & Friends - Rio Nights (2010)2011/05/25

Jack Jezzro & Friends - Rio Nights (2010)
Personnel
Jack Jezzro (g),  Sam Levine, Denis Solee (sax),  Leif Shires (tp),
David Huntsinger, Lori Mechem, Beegie Adair (p),  Eric Darken (perc).

ジャック・ジェズロー。米国 ウェストバージニア出身のガットギター・ジャズ・ギタリスト(イージーリスニング系)で、ベーシスト、プロデューサーとしてもキャリアを確立している注目の人。出会いは10年程前のデビッド・リンドン・ハフとの「World Beat Brazil」アンビエントでチルアウトや、「Jazz Elegance」ジャズ・スタンダード中心の渋い好盤、ま、どちらもまったりとしたラウンジ系ギターに惹かれた。本作はその氏によるゲストも豪華なボサノヴァ・インスト集である。客演はデニス・ソリー、ロリ・ミーチェム、ビージー・アデール、リーフ・シャイアス、他ナッシュビル 等で活躍の凄腕の面々。近年ではナイロン弦で弾かれるジャズは珍しく無いが、古くは ローリンド・アルメイダ や チャーリー・バード のブラジル系を筆頭に、アール・クルー の大ブレイクも懐かしく、根強いアコースティックブームもありガットギター奏者だけでもありとあらゆるタイプのギタリストが揃っている。氏 はその中でも一番分かりやすく、大衆的な親しみやすさを持っている一人である。本作もイージーリスニングやスムースの方が「ジャズも演ってみました」的な安っぽさはあるけれど、それもまた心地佳し。好き嫌いは分かれるかも知れないが、高い演奏力に支えられたクオリティはタダモノではない。
http://www.youtube.com/watch?v=vgh7pyKalQw
http://www.youtube.com/watch?v=DfJOCaQMBNU
ジャケットは絵葉書のようなキレイなリオの夜、ジャケ買い。★★